加藤秀俊 著作データベース

序章・「わたしのメディア論」ーーまえがきにかえてーー (冒頭)

発行年月: 20090510
掲載  : 『わたしのメディア論』
発行元 : 中央公論新社


 あれはいつのときだったか、ミクロネシアのある島で調査していたとき、わたしは島民たちの畏怖と尊敬を一身にあつめている魔術師(英語でmagicianと紹介されたので直訳しておく)に会った。ニッパ椰子で屋根を葺いた、ちいさな小屋のなかにじっと座っているその男は年齢六十歳以上。歯が何本も抜けていて、白髪を垂らしていた。通訳つきのおぼつかない会話だったが、このひとはなんでもできた。病人や怪我人がでれば呪文や薬草で治した。天気予報もよく的中した。農作物が不作であれば豊饒のための祈りもしてくれた。ぜんぶ、かれが与えられた特別な霊力によるものだという。その呪術にあたっては手もとの小箱にはいった人骨だの、鳥の羽だの、といったいささか不気味なものをつかうらしいが、かれが心霊とまじわる現場はだれも見ることをゆるされない。村人がそっと教えてくれたところによると、この魔術師はだれかを殺したい、とおもえばその心霊術によってひとの生命を絶つ能力ももっているという。
 ニュージーランドの先住民、マオリ族はわたしのフィールドのひとつであった。何回もほうぼうの村を訪問し、部族会議などにも参加する機会があったが、それぞれの部族の居住地にはマラエという名の集会所がある。白い壁に彫刻をほどこした赤茶色の柱。内部の壁にはその部族の祖先から子孫一同の彫像、肖像画、写真などがかかげられており、そこは部族の「心の館」とされていることを知った。だれでも、ここにくれば祖先と対話ができるのである。屋根を支える太い梁は祖霊が現世にもどってくる通路。だからマオリにとってマラエは部族の精神の集結の場なのだ。部族の長老がここで祈りをささげると、祖霊は目のまえにあらわれてくる。だからマオリにとって死後の世界はそんなに遠いところにあるものではなく、いつでも生死のあいだは往復可能なのである。
 おなじようなふしぎな経験はほかにもたくさんあった。いちばん感動的だったのは南太平洋に出漁している沖縄のカツオ釣り船に同乗して数日をすごしたときであった。真っ黒に日焼けした屈強の漁師たちをのせた五十トンの大型カツオ船は毎日、レーダーや望遠鏡でしっかりと観察しながらカツオの群れをもとめて紺碧の海を航行するのだがいっこうにカツオには遭遇しないことがあった。そのどうにもならないほどの不漁のあと、船長は基地にもどってから、はるかかなた、故郷の沖縄のノロに国際電話をかけた。
 ノロというのはいうまでもなく沖縄独特の巫女さん、というよりも女司祭のことで、彼女たちが管理する村のウダキという霊場にはだれも入ることができない。そのノロは漁船の状況をきいて神様からの託宣をうける。だれか金気(かなけ)のモノを粗末にしなかったか?。とノロが質問する。すると船員のひとりが、そういえばきのう金槌を甲板に落としたなあ、と答える。船長がそのことをノロに伝えると、それなら船霊(ふなだま)さまにお祈りをなさい、と指示があたえられる。船霊さまというのは船の守護神のことで日本の漁船にはかならずいらっしゃる。おおむねちいさな神棚で船長室の中央にある。その扉をひらき、乗員一同、祈りをささげるとそれで問題は解決である。
 これは一九七〇年代のソロモン群島でのわたしの経験である。いまでもそうなのかどうかは知らない。しかし、一万キロをへだてて故郷のノロから神託をうける漁師たちのすがたにわたしは感動した。カツオの漁獲が海流や海水温、またプランクトンの分布などさまざまな要因によって変動する、というのは科学的・理論的にはただしいだろう。しかし、ものごと、とりわけ漁業という生業にはしばしば「運」としかいいようのない要素がはたらく。そんなとき神様にうかがってみる、というのはごく謙虚な人間的方法ではないのか。はるばると南太平洋の海原を眺めながら沖縄まで国際電話をかけている漁民たちのすがたをみてわたしが感銘したのは、このような理由による。
 わたしがこれまで何十年にもわたってしばしば直接、間接に見聞してきた東北各県の「イタッコ」については第一章でくわしくふれるが、彼女たちも祖霊を現世によびもどす特別な能力をもっている。下北半島の恐山はいまでは観光名所になってしまったけれども、一九五〇年代に岩手県、宮城県などの村で勉強していたころにはほうぼうでイタッコ(地域によってイタコ、ミコ)に会った。たいていの村にはイタッコがいて、彼女たちの霊力による「神おろし」の現場もずいぶん見た。神がかりになったイタッコは死者の霊をよびだして、その声を現世の人間たちに伝達してくれるのである。さいきん訪ねた新潟県の村でも、ついこのあいだまで「ミコ」がいて祈祷してくれていた、というはなしをきいた。ことによると、いまでもいるかもしれませんよ、とおしえられた。
 こうした一連の習俗を「俗信」といい、あるいは「シャーマニズム」といってひとことで片づけてしまうことは簡単である。合理主義、あるいは科学主義の立場からみれば「霊界」の存在など説明もできないし、そもそも信ずるに足らないことである。しかし、それでもそれを信ずるひとびとはすくなくないし、特殊な霊能者はあちこちで祈祷や呪術をおこなっているのである。
 このように、ひろい意味で彼岸と此岸をむすび、あるいは霊界と現世をつなぐ能力をもった特別のひとびと、すなわち「霊媒」のことを英語では「ミデイァム」(medium)という。われわれがふつう「メディア」(media)といっているのはその複数形。もちろん、いま普通用語として「メディア」というばあいには主として新聞、ラジオ、テレビなどの「マス・メディア」やインターネット、携帯電話など電子的な通信手段などを意味するが、その原型になっているのは聖俗をつなぐ「霊媒」のことでもあったのだ。・・・以下つづく・・・


加藤秀俊著作データベース
文書管理番号: 3220